contact

 

 

作品の購入、展示のご相談などは以下のフォームからご連絡下さい

please contact me. 

 

メモ: * は入力必須項目です

 

 

 

 

 

Mariko Matsushita

 

松下真理子

 

1980年 日本の大阪府吹田に生まれる。

幼少期、最初の表現は、性的暴力からの治癒と理解のために書きはじめた無数の詩だった。

精神的な模索と“外付けの蛇口”を求め、芸術を志す。

2004年 京都市立芸術大学美術学部油画専攻を卒業。

 

工場での労働の傍ら独自の絵画表現を再開し、2016年《Margarita7》をはじめとする作品群で、第二回CAFFA賞(CAF・アーティスト・アワード)グランプリを受賞する。

 

翌年、ロンドンにてデルフィナ財団のレジデンスに滞在し、インド、ペルー、韓国、サウジアラビアなどの女性芸術家たちと親交を結ぶ。のちにアウシュヴィッツ、フィリピンの「赤い家」などを訪れ、絵画を制作する。

 

2020年 スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチに影響を受けた「愛の飾らぬ言葉において」、2021年J.M.クッツェーの著書から名付けた《Friday》を含む「人間の声」を発表し、重要な転換期を迎える。

      


Mariko Matsushita
Born in Suita City, Osaka Prefecture, Japan, in 1980.
Mariko Matsushita began writing numerous poems as her first form of expression in early childhood, to cope with and comprehend sexual violence.
She decided to pursue art, seeking to explore truth and an “external faucet”.
In 2004, she graduated with a degree in oil painting from the Kyoto City University of Arts. 
While working at a factory, she resumed painting. Her body of work including Margarita 7 won the Grand Prix at the 2nd CAFFA 2016 (Contemporary Art Foundation Artist Award).
The next year, during the residency at the Delfina Foundation in London, she interacted with female artists from India, Peru, South Korea, Saudi Arabia and so forth. She later visited Auschwitz and the Red House in the Philippines among others, where she produced paintings.
In 2020, she publicized In the Honest Word of Love, inspired by Svetlana Alexievich, and in 2021, The Human Voice, including Friday, named after J.M. Coetzee’s book, making an important turning point.